株式会社牛久工務店一級建築士事務所

設計施工事例 新築住宅 千葉県船橋市

19歳の時に初めて設計して建てた家。山を切り開いた高低差のある敷地。前面道路は急な坂で、更に風致地区。はじめて取り組むにはかなりの難題な条件です。もう既に親の先代は右半身麻痺で事実上引退していて。そもそもそんな若造によく自分の家づくりを頼んだものです。そんな奇特な施主は、工業高校の遊びの?恩師。直接の授業は授けていなくスキーと冗談を教わった先生。
専門学校の先生に授業後に確認申請の出し方を教わったり、役所にはしつこく通い。年配の大工さんにはやりたい空間や納まりを説明するのに、言葉一つ間違えるとへそ曲げて来なくなる。などなど…、
でもやりたいことはやり通したく、吉村順三のディティール集を片手に自ら大工仕事しながら一年かけて作り上げた思い出の第一号の住宅です。
600㎜上がった丸テーブルのあるダイニングスペースは今でも良い空間だんあと思う。
45年経っても、絶対建て替えない!と言ってくれる施主の言葉は今の自分の誇りとなっています。

ダイニングより60センチ下がったリビング
沢山の雑誌切り抜きを見せられた。その中にあった出窓と内障子。
4畳半にも満たないダイニングルーム。コーナー硝子の引き戸の出窓。プランターポケットからの緑葉の向こうに景観が重なり奥行き感が出て実際より広く感じる。

建築データ

建物種別:戸建(新築)
構造:木造2階建て
所在地:千葉県船橋市
延床面積:-
敷地面積:-
設計期間:-
施工期間:-

お問い合わせ

家づくり・お店づくり、リノベーションなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせへ