床材は色々と種類があり、お施主様の好みや用途などによって使い分けます。

今回は一般的に使われている「フローリング」についてお話しようかと思います。

お施主様と床材を決める際によくサンプルを複数取り寄せて実物を見ながら決めたりします。

そのサンプルの量が多くなってきたので写真でいくつか紹介していければと思います。

フローリングは複合フローリングと無垢フローリングがあり、その中でも床暖房対応用やマンション用、上張り用など種類は様々あります。

複合フローリングは合板の上に単板という薄く割いた板が張ってあります。

無垢はその名の通り1枚の板で出来ているフローリングです。

よって1枚の板なため湿気や状態によって板が反ったり伸縮したりしてしまうというデメリットがあります。

逆に複合フローリングは下に合板があるため反りや伸縮が少ないのが特徴です。

その分、ムク材は触った時の肌触りの良さや木の本来の温かみがありとてもやさしい感じがします。

ですが最近の複合フローリングもムク材とほとんど変わらないような見た目と肌触りがある種類のモノが多く出ているのも事実です。

複合フローリングは使っていて傷や汚れが付きづらいモノもありますが、それでも長年使っていれば傷や汚れが付いてきます。

無垢材は表面に特にそういったコーティング等は行っていないので傷や汚れが付きやすいです。

無垢の場合はそういった長年の傷や汚れが”味”として風合い良くなってきます。

もし傷や汚れがひどくなってきたら削ってまた元通りとなります。

このようにそれぞれメリット・デメリットがありますが、実際はやはりご予算や使い勝手・好みで決めていく形になります。

「・・・でも無垢のフローリングって高いでしょ?」

みなさんそう思っていると思いますが、フローリングの種類によってかなり変わってきます。

みなさんが思ったほどの金額がかからない場合もあると思います。

ぜひ無垢のフローリングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

見積だけなら無料ですしね(笑)

下の写真は「ナラ(オーク)」です。

上と下で仕上がりの塗装が違います。無垢でも肌触りと質感が違います。

詳しい話はまた次回とします。

②-1床フローリング ナラ・オーク.jpg

②-2床フローリング ナラ・オーク.jpg

②-3床フローリング ナラ・オーク.jpg

②-4床フローリング ナラ・オーク.jpg