公団住宅にお住まいのご高齢者宅の工事です。

工事前はこういった”バランス釜”が付いていました。

 

足腰の悪いご夫婦にとって浴槽が高いとまたぐのに大変です。

また、体が不自由になってくるとお風呂に入れるのがとてもありがたいと言います。

気分もリラックスできますし体が楽になるそうです。

浴槽①.jpg

 

そこでこういったまたぎが低く、広い浴槽に交換しました。

こちらは魔法瓶のように浴槽が断熱されており湯が冷めにくくなっています。

浴槽のフタもジャバラのものではなく、断熱材が入った保温性が高いものになっています。

浴槽④.jpg浴槽③.jpg

 

 

今まではお風呂に入ったり部屋を移動したりするのに壁や棚板につかまって移動していましたが、

今度は手摺もつけましたので安全に移動できるようになりました。

浴槽②.jpg

 

 

こちらは蛇口の写真ですが、通常よりも高い位置に設置しました。

奥様は座ったりしゃがんだりするのが大変なのでお風呂でも体を洗う時は

立ったまま行なうそうです。

なので極力腰を曲げなくても作業ができるように配慮致しました。

浴槽⑤.jpg

 

他の場所も工事していますので続きはまた今度ご紹介します。