先日ご紹介した公団住宅です。

 

こちらは脱衣室から浴室・トイレまでタイルが貼ってありました。

各住戸によって多少違いますが、こちらのお宅は脱衣室と浴室との間に仕切りがないので

お風呂に入ったあとは脱衣室まで濡れてしまいます。

 

濡れたタイルは高齢者にとっては非常に危険です。

ましてやご夫婦とも足腰が悪いため思わぬところで滑ってしまいます。

床タイル施工①.jpg

 

 

柱などは床に接していたため、足元から水を吸い上げ

このように腐ってしまっています。

床タイル施工②.jpg

 

 

そこで床を『滑りづらく』『素足で触っても冷やっとしない』タイルを貼ることにしました。

下の写真は下地をつくっているところです。

床タイル施工③.jpg

 

床タイル施工④.jpg

 

 

とても狭い場所なので3人入るといっぱいですね・・・。

床タイル施工⑤.jpg

 

 

こちらは仕上がりの写真です。

脱衣室と浴室との境に段差がありましたが、段差がなくなるようにタイルを貼りました。

 

柱の足元にはステンレスが入っています。

床タイル施工⑥.jpg

 

続きはまた今度♪