3月に新築エコハウスのお披露目見学会を行ったお宅で、今回は太陽光利用照明スカイライトチューブの体感会を開催しました。
以前も紹介しましたが、今話題?の節電対策照明、太陽光利用照明システムを6台設置しています。

ドーム状の物体がスカイライトチューブです。6つ、全部見つけられました?
こちらの製品、日当たりの望めない暗い部屋に自然の光を屋根から届けるすぐれものです。
屋根のすぐ下のお部屋だけではありません!特殊な鏡面加工をしたチューブ内を反射しながら3階屋根から1階までだって。
それに電気照明と違って、空の色を映し出すので明け方、夕方、雲のある日、雲のない日、明るさだって色々です。たとえ窓のない部屋だって外の様子がわかるんですよ。
たとえば・・・夜になったら、月明かり、という風に。

そして紫外線対策も断熱効果もバッチリですので、室内を快適に保ちます。

昨年度は環境省のCO2削減対策の補助金対象設備になって、地球温暖化対策地域協議会を通じて一般の住宅や事務所等民間の施設に導入。

今年度は公共施設への設置に対して補助金がでる制度ができました。
皆さんの街の自治体の施設に太陽光利用照明が設置されるかもしれないですね。

今回の体感会にも区役所の環境課の方も参加されました。新たな補助金の制度ができればいいなぁと思います。

だって、昼間の太陽がぎらぎら光を放ってるのに、家の中で電気照明を点けるのってなんかヘンって思いませんか?

それに!
自然光の方が自然の色がきれいに見えます!ホントですよ。
例えば、植物とか、果物、人も。特に赤系の色が鮮やかに見える気がします。

そして太陽光だから、明け方、昼間、夕方、晴れの日、雨の日、曇りがちな日と日々明るさの変化感じる事ができるのです。

太陽光利用照明スカイライトチューブは新築はもちろんですが、既設の住宅へ後付けすることも簡単な工事で出来ます。複数台取り付けるのでなければ、たいてい半日か一日で完成です。
照明器具としては、より快適になる節電対策としても一考の価値あり!と思います。