天窓のある家って子供の頃憧れました。
 
アルプスの少女ハイジやその他海外の児童文学ではよく天窓が登場して星を眺めただの・・・
大人になって自分で家を建てる時は天窓をつけよう!と決意し、夢を実現された方もたくさんいらっしゃると思います。
 
天窓の寿命は約30年。メンテナンスされていますか?
 
そんな憧れの天窓も時間の経過とともにヒビが入ったり、年々強烈に照り付けるようになってきている太陽が熱を室内に持ち込み、昼間は暑くてたまらない、なんて悩みの種になってませんか?
 
天窓も経年劣化によりいつかは交換が必要ですし、ヒビが入った、雨漏りするようになった、というときは躊躇している場合ではないので、すぐに対策をとらなければならなくなりますよね。
 
その時に慌てないためにも今のうちから検討しておくことも大事だと思います。
 
もちろん同じ仕様で交換するのもアリです。

ですが温熱環境(快適と感じる室内温度)を考えると、断熱性能に優れているスカイライトチューブも併せてご検討いただけますと幸いです。
 
夏の熱の侵入もほとんどありませんし、冬の室内の暖気の逃げや、冷気の侵入もありません。紫外線もカットしていますので、日焼けの心配もありません。
 
ただ、空を眺めるのを楽しみにしている、という方には向いていませんが、室内環境を自然光で明るく、なおかつ断熱性を高めてメンテナンスフリーにしたい!というわがままを叶えてしまうスカイライトチューブに交換することも是非ご一考ください。
 
私共も天窓からスカイライトチューブに交換する工事は多くの事例がございますので、一部写真でご紹介します。

いかがですか?天窓から天井まで距離がある場合は天井面に設置する散光カバーまで反射チューブで光を導きますから、天窓の時よりもより明るく感じると思います。
 
スカイライトチューブはお客様に雨漏りなどの心配やご不安を取り除くため専門家による施工が必要です。
 
全国にスカイライトチューブ特約店、取扱店がありますので、お問い合わせください。
 
資料請求・お問い合わせ