牛久工務店、住まいを”創る”コンセプトの原点。Oさま邸訪問

先週の土曜日、千葉への現調の帰途、牛久工務店の30年前の「設計・施工」による住宅、Oさま邸を訪問しました。

 今ではご夫妻2人のゆったりとした暮らしですが、30年間、変わらぬ愛着を持って住まわれていることに
牛久工務店のメインコンセプト”創る”の原点を見たように思います。
 大きな改装、リフォームは30年間一切なし。キッチンも、浴室・洗面、トイレの機器も替えていません。随所に手仕事のやさしさとデザインの工夫があり、奥様は「いまでも全く不便でないし、使い勝手もいいし、ますます暮らし心地が良くなるわ!」とおっしゃいます。

 住まい外観です。2階ベランダの増築しています。



コーナー出窓のダイニング。今でも変わらない工夫とデザインの魅力が溢れています。ハーブポットを落とし込め、視界が開けてビューも楽しめています。コーナー出窓も、棚の天板と一体となったつくりです。


ダイニングからリビングへの小階段。出窓のあるダイニングから、3段ほどの階段を経て、リビングに続きます。この小階段。すごく気に入りました。ダイニングとリビングは離れていますが、この小階段と造り付け棚でそれぞれ、微妙に独立し、微妙に一体です。このリズムがイイですね。


玄関、階段吹き抜け。上部のコーナーからの自然光が、吹き抜け壁面に柔らかく反射して、吹き抜けそのものも大きく感じさせます。

と、こんな具合に30年間、色あせない魅力ある住まいのOさま邸ですが、ご夫妻の、今の暮らしの楽しみは庭造りにあるようです。
 次回は、まだある住まいの魅力と、春を前に手入れが進むお庭・ガーデニングの模様をレポートします。