施工について

施工について(工事の流れ)

スカイライトチューブはこういった場所に取り付ける事ができます

Aのケース

【1階屋根(下屋)からダイニングへの設置事例】

価格:32万円(税込) 290DS(管径φ350mm)×1台
散光カバー:オプティビュー 90°アングルチューブ2本使用(小屋裏配管)

【下屋(木造2階建て 一部1階建て部分)のダイニング】

施工前:暗かったダイニングが・・・・

施工後:明るくなりました!

お客様の声:
これまでこの部屋は暗いのが当たり前と思っていたのですが電気に頼らない:無公害:自然の明るさが差し込んでくるのはとても気持ちのいいもので、訪れる客からも好評です。昼間ここで会話をすることはほとんど無かったのですが、ここで会話をする時間が出来るようになりました。

Bのケース

2階の屋根

小屋裏配管・左の壁側はロフト収納

【2階屋根から2階ダイニングへの設置事例】

価格:24万7千円 290DS(管径φ350mm)×1台
散光カバー:オプティビュー              

施工前再現(施工後の撮影のため放光部を遮蔽しています)

施工後:これなら気持ち良くお食事が頂けますね

お客様の声:
予想以上に部屋が明るくなりました。

Cのケース

【2階屋根から1階ダイニングキッチンへの設置事例】

価格:32万5千円 290DS290DS(管径φ350mm)×1台 延長チューブ:6本
囲い工事:3方囲い化粧合板・コンセント移設 散光カバー:ホワイトビュージョン                 
お客様の声:
新築してすぐに南側に住居が建ったため困っていましたが、今では明るくなって悩みもなくなりました。

【2階屋根から吹抜けへの設置事例】

価格:63万円 750DS(管径φ530mm)×2台 延長チューブ:追加チューブなし
散光カバー:ホワイトオプティ 室内足場                 
お客様の声:
リビングを明るくするために吹抜けを設けたものの、十分な明るさを得られなかったためスカイライトチューブの導入に踏み切ったとの事でした。今では明るくなって気持ち良く過ごせるようになったとのコメントをいただきました。

室内採光ボックス(遮光用扉付き))


PAGETOP