昔ながらの御屋敷は軒先が深く、太陽高度の高い夏は日差しを遮り

逆に冬は内部まで光を入れるよう考えられたデザインです。

ですが、時代も変わり平屋建ては少なくなり2階建て・3階建て、高層マンションなど

次々と高い建物が周囲に増えています。

下の写真の建物は都内にある平屋建ての建物で、やはり周囲には2階建ての住宅が立ち並んでいます。

外が晴れた日中でも内部はかなり暗く、庭に面した縁側もあるため外部から日差しは入りにくくなっています。

そこで屋根から自然の光を採光できるよう太陽光照明スカイライトチューブを設置しました。

SLT37-1.jpg

屋根にはこのようなドームを設置して室内まで高反射ダクトで光を導きます。

中には機械等は一切入っていないのですが、ドームの部分に特殊な加工がされており

太陽の位置を自動追尾せずとも光をより多く取り込めるようになっています。

機械がないので壊れることが全くなく、メンテナンスも入りません。

SLT37-2.jpg

こちらは取り付ける前の写真です。【BEFORE】

SLT37-3.jpg

こちらが取り付けた後の写真です。【AFTER】

天井に光り輝く丸い部分が太陽光照明スカイライトチューブです。

屋根に設置したドームから光を取り込み、高反射ダクトで導いて、天井面で室内全体に拡散します。

紫外線もカットしているので畳が日焼けすることもありません。

SLT37-4.jpg

また、太陽の光を反射させて採光していますが曇った日でも外の明るさを反射させて室内まで導きますので

それなりの明るさが入ってきます。

夕日が綺麗な時は夕方に室内がオレンジ色に染まるときも。

光の屈折具合でまれに虹が室内に出る時もあります。

お客様からそういったご感想を頂きましたので掲載させて頂きます。

SLT37-5.jpg

当社の建物に写真と同じものが設置されています。

他にも数種類設置しており、色々と見れるようになっています。

予約制となっておりますのでご見学希望の方はぜひご連絡ください。

ショールーム見学・資料ご郵送・現地調査・見積

もちろん無料で行っておりますのでお気軽にお声掛けください。

■連絡先こちら

03-3614-6333/スカイライトチューブ関東(㈱牛久工務店)