ちょっと大げさなタイトルですね。
 
実は先日花の名前を知る機会がありまして。スノーポール(通称?キク科です)といって真ん中が黄色い白いマーガレットみたいな花です。
 

 
「へえ~、可愛い。スノーポールっていうんだ、名前も可愛い」なんて一つ賢くなった気分でいました。
 
その数日後、何気に街を歩いていて驚きました。いつもの通勤路、小さな児童公園や、歩道の植栽にスノーポールがたくさん咲いているではありませんか。
 
今までもあったはずなのに、目にも映ってなかったのかと愕然です。
 
多分なんか白い花が咲いてるなぁ位には見ていたと思いますが、名前を知ることでこんなに意識に登るものなんだなぁと思いました。
 
見ても、「それ」が何なのかわからないと、記憶にも残らないのだと思います。見た映像と名前が一致することで頭の中の本棚みたいなところにインデックスされていくのかもしれないですね。
 
ところで、こちらのマップ、ピンのあるところが関東エリアでスカイライトチューブを設置した場所です。

スカイライトチューブ設置箇所
 
スカイライトチューブ?なにそれ、という方、

日当たりが悪くて暗い室内に太陽の明るさをお届けする「あれ」です。

ひょっとしたら、皆さんもどこかで見かけているかもしれません。
 
屋根に設置するものなので、なかなか機会はないかもしれませんが・・・
 
スカイライトチューブを設置した屋根

ぜひ、覚えてください。これはスカイライトチューブです。

ひょっとすると夜の方が見たことある人多いかもしれませんね。

なぜなら、夜は室内の電気照明のあかりが屋根のドームから少し漏れてくるからです。
 
夜のスカイライトチューブ

こちらは、沖縄のイオンモールの屋上なので、さすが商業施設、店内は煌々と明るいようです。
 
住宅だとほんのり明るくなっている感じですね。今度写真撮っておきます。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
これからは、もし住宅街で屋根に明かりを見つけたら「あ、これスカイライトチューブだ」って思い出していただけると思います。